窓のエコリフォーム、今がチャンスです!!

熱の出入りを軽減するなら、ガラス選びがポイントです。

冬の暖房時に家から逃げる熱のうち、窓やドアの開口部を通るものは約半分。夏の冷房時に家全体に入ってくる熱のうち、
窓やドアの開口部を通るものは7割以上になります。

冷暖房のムダを省き、効率よく利用するためには窓対策が重要です。
冷暖房のムダを省き、効率よく利用する
 太陽の直射熱(日射熱)の多くは、窓面を突き抜けて、室内に侵入します。日射熱が部屋に侵入するのを防ぐことを「遮熱」、または「日射遮蔽」といいます。遮熱性能が高いほど、この日射熱の侵入を少なくできます。  熱は、温度の高い方から低い方へ移動する性質があり、この移動する熱を少なくすることを「断熱」といいます。室内外の温度差により、熱が窓や壁を通り抜けて移動することを「熱が貫流する」といい、断熱性能が高いほど、この熱の貫流が小さくなります。

次世代エネルギー基準に適合してさまざまな環境に対応する「複層ガラス」。
中でも、遮熱と断熱の機能を発揮する「Low-E 複層ガラス」なら、効果的に熱をコントロールできます。

Low-E 複層ガラスのイメージ

冷房効果を高める

結露はカビやダニの発生の原因
Low-E 複層ガラスのポイント